「大分セミパーソナルジム」は↑上のバナーをクリックしてください


大分ロボケアセンター概要
湯の町別府で、最先端技術を用いた滞在型短期集中トレーニング。脊随損傷、脳の障害、杖歩行の人から、電動車椅子の人まで。
当センター近くの宿泊施設等に、滞在しながら集中してHAL®トレーニングをおこなう大分ロボケアセンター独自のトレーニングスタイルです。トレーニングを計画的にご利用者様の状態を確認しながら継続的に行えるのが滞在型の特徴です。 HALトレーニング後は足こぎ車いす(コギー)等を使って更にトレーニングも行えますし、コギーを使って買い物や観光にも行けます。
大分ロボケアセンターは、スーパーマーケットや銀行、食堂などの環境が整った「社会福祉法人太陽の家」敷地内(別府市亀川地区)にあります。 徒歩5分のJR亀川駅まで高低差が少なく、車イスでの移動も比較的容易です。風光明媚な大分別府エリアでゆったりとお過ごしください。
社名大分ロボケアセンター
所在地〒874-0011 大分県別府市大字内竃1393番地
代表者安永 好宏
設立2013年9月11日
営業時間9:00~19:00 / 休日:土・日・祝日
電話0977-76-5543
FAX0977-76-5543
WEBhttps://robocare.jp/
HAL FIT®料金
NeuroHALFIT®
90分¥17,000/回(カウンセリング込)
体験60分無料(カウンセリング込)
アクセス
〒874-0011 大分県別府市大字内竃1393番地
TEL:0977-76-5543
JR亀川駅より徒歩5分
JR別府駅より車で20分
大分空港より車で40分 (社会法人太陽の家 敷地内)
車のナビゲーションマップコード 46584301※63 検索で入力してください。

スタッフ紹介

安永 好宏(やすなが よしひろ)
代表取締役社長
大分ロボケアセンターのコーポレートカラーは、太陽の家を意識したオレンジ色です。多くの方の利用者に笑顔になって頂きたく選定したカラーです。ロボケアセンターに来所される方は当然のこととして、HAL全体の運用技術向上に寄与して多くの方に笑顔になって頂けるよう努力してまいります。
志岐 佳紀(しき よしのり)
取締役 センター長
心ある最先端テクノロジーを活用し、利用者様の想いを形にする場の提供を行って参ります。 温泉を代表とする観光資源に恵まれた別府と連携し、「別府に来たら、元気になる!」 そのようなサービスでより多くの方に貢献していきたいと思います。
加藤 聡(かとう さとし)
トレーニング指導者
日本トレーニング指導者協会 トレーニング指導者(JATI-ATI)。利用者様の目標に対して、的確にアプローチし、トレーニングが楽しい時間なるようサポートして行きます。HAL FITはもちろんのこと、健康増進やダイエット、パフォーマンス向上などのトレーニングも行えます。興味のある方は、是非、ご連絡ください。

 

 

大分ロボケアセンターNEWS

【メディア掲載】「自分の力で歩く」を支援。常識を覆す装着型サイボーグHAL®とは

「社会の障害とたたかう人たちに繋がりを提供する」というコンセプトで運営されているメディア「Puente」に取材記事が掲載されました。 交通事故や病気、加齢に伴う身体機能の低下などにより、自力で立ち上がったり、歩いたり、腕 […]

ロボケアセンター 非常事態宣言解除後のキャンペーンについて

コロナウイルスによる外出自粛要請解除後に、多くのお客様に利用を促すキャンペーンを実施いたします。 1.ロボケアセンター でのプログラムは予約プライベート対応で実施するため感染リスクは最小限に抑えることが出来ます。(集団や […]

【岡山ロボケアセンター】岡山・倉敷市の高校でHAL®特別授業

装着型サイボーグ「HAL」を体験しよう 岡山・倉敷市の高校で特別授業 高齢者や下半身に障害がある人のサポートなどに使われる装着型サイボーグ「HAL」を使った特別授業が3日、岡山県倉敷市の高校で行われました。倉敷市の水島工 […]