ロボケアセンター | CYBERDYNEのHAL®を用いたリハビリ、心と身体のHALFIT

自宅でHALコールセンター

0120−25-3189

(10:00〜19:00)

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ロボケアブログ
  4. パーキンソン病〜治療法〜

パーキンソン病〜治療法〜

ロボケアセンターには様々な疾患をお持ちな方がいらっしゃいます。その中でときどきですがパーキンソン病の方がいらっしゃいます。今回はパーキンソン病の治療法ついて掘り下げていければと思います。

パーキンソン病の治療法は?

 

パーキンソン病の治療は、病気を完全に治すことはできませんが、症状の管理と患者さんの生活の質の向上を目的としています。治療法には薬物療法、外科手術、および様々なサポート療法が含まれます。

  • 薬物療法: 最も一般的な治療法は、レボドパを含む薬物療法です。レボドパは脳内でドーパミンに変換され、パーキンソン病の主な症状を軽減します。その他にも、ドパミンアゴニスト、MAO-B阻害剤、COMT阻害剤など、症状を管理するための様々な薬があります。
  • 外科手術: 重度の症例では、脳深部刺激療法(DBS)が有効な選択肢となることがあります。DBSは、特定の脳の領域に電極を埋め込み、電気刺激によって症状を軽減します。
  • 理学療法と作業療法: これらの療法は、患者さんの運動機能を改善し、日常生活の質を向上させることを目的としています。ストレッチや筋力トレーニング、バランスと協調性の練習が含まれます。
  • 言語療法: 認知機能の問題やコミュニケーションの困難に対処するために推奨されることがあります。

治療は、患者さんの個々の症状、病状の進行度、および全体的な健康状態に合わせてカスタマイズされます。治療チームは、一般的に神経科医、理学療法士、作業療法士、言語療法士、およびその他の専門家から構成されます。ロボケアセンターでは装着型サイボーグのHALを組み合わせた最先端の運動プログラムNeuro HALFIT®を提供していますので、パーキンソン病に悩んでいる方、もっと身体を動くようにしたいとお考えの方はぜひお越しください。

関連記事

ロボケアセンターへのお問い合わせ

下記のフォームよりロボケアセンターへお問い合わせしていただけます。平日2営業日以内にご返信致します。

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須郵便番号(ハイフンなし)

    都道府県(入力不要)

    必須電話番号(半角で入力ください)

    必須お問い合わせ内容

    必須このページを何で知りましたか?(複数選択可)

    Receive the latest news

    イベントやお得情報をメルマガ配信中!

    特別キャンペーンやイベントの情報をメールで不定期に配信しております。登録は無料ですので、ぜひご登録のほど、よろしくお願い致します。