札幌ロボケアセンター概要
大同生命のテレビCMなどで、ご存知の方も多いと思いますが、最先端技術のHAL®(Hybrid Assistive Limb®)を使用した、全国に11箇所あるトレーニング施設が、ここ”北海道”で初めてのオープンとなりました。HAL®は、身体機能を改善・補助・再生することができる世界初のサイボーグ型ロボットです。
実際に高齢により脚の力が弱くなったり、病気(脳卒中・神経 筋難病)や事故(脊髄損傷)による下肢に障碍(しょうがい)を お持ちの方へのリハビリテーションに使用されており、近年の研究から安全性・有効性が証明されています。
社名札幌ロボケアセンター
所在地〒063-0012 札幌市西区福井5丁目18-41 1F
営業時間9:00~22:00 / 休日:日曜日
電話011-215-7965
WEBhttps://robocare.jp/
HAL FIT®料金
NeuroHALFIT®
90分コース18,000/回
60分コース15,000/回
その他※お得な回数券も用意しております。
※その他メニュー多数あり。お気軽にお問い合わせください
アクセス
〒063-0012 札幌市西区福井5丁目18-41 1F
TEL:011-215-7965
東西線発寒南駅より車で10分 (3.8km)

スタッフ紹介

野﨑 円(のざきまどか)
理学療法士
急性期、生活期、在宅のリハビリテーションや地域での活動を行ってきました。 在宅でHALを使用していた経緯もあり、今までの経験をもとに最新のロボットを活用したトレーニングも行っていきたいと思います。よろしくお願いします。 理学療法士経験年数:16年 得意分野:脳神経外科、神経内科、運動器、呼吸器疾患
今井 隆寛(いまいたかひろ)
副センター長兼専門スタッフ
急性期、回復期病院を経て、現在は在宅の作業療法士として日々奮闘しています。 上肢を中心にHALを使用したトレーナーとして頑張りたいと思います。 作業療法士経験年数:5年 得意分野:脳神経外科疾患、神経難病
高橋 茂樹(たかはししげき)
専門スタッフ
回復期、生活期病院の経験をもとに在宅でもHALを使用したトレーニングを行っていきたいと思います。 理学療法士経験年数:16年、工学博士 得意分野:運動器、神経難病
毛利 奨吾(もうりしょうご)
専門スタッフ
大学病院で急性期から生活期のみに限らず、転倒予防やめまいについても勉強してきました。 HAL FITRで機能の改善の一助を努力したいと思います。 理学療法士経験年数:7年 得意分野:在宅医療、神経難病、整形外科
菅原 崇文(すがわらたかふみ)
アシスタント
整形外科分野専門で現在も数多くの患者様を担当しております。趣味は釣りで仕事が終わってからも行っています。 理学療法士経験年数:6年 得意分野:整形外科疾患全般
小林 樹矢(こばやしたつや)
アシスタント・機能評価
病院勤務、通所介護の経験をもとにお客様の機能的な評価を適切に行いたいと思います。 理学療法士経験年数:5年 得意分野:理学療法評価、脳神経外科疾患
西山 雅子(にしやままさこ)
アシスタント兼相談員
地域に関わることを得意とし、日々活動をしております。 お客様の安全な動作や移動の支援も行います。よろしくお願いします。
川口真里奈(かわぐち まりな)
リスクマネージャー、保健師、看護師
提携先:ヴァルハラ訪問看護ステーション 運動に当たってのリスク管理、健康チェックを行います。 急性外傷や整形外科の経験をもとに、HAL FITRでのお客様が安全にトレーニングできるように全身管理を行います。 保健師、看護師経験年数:5年 得意分野:保健衛生、外傷、整形外科
山口 祐司(やまぐちゆうじ)
送迎ドライバー
元々医療に携わる仕事をしていました。現在は通所介護事業所で送迎を主に行っております。

 

 

札幌ロボケアセンターNEWS

ロボケアセンター 非常事態宣言解除後のキャンペーンについて

コロナウイルスによる外出自粛要請解除後に、多くのお客様に利用を促すキャンペーンを実施いたします。 1.ロボケアセンター でのプログラムは予約プライベート対応で実施するため感染リスクは最小限に抑えることが出来ます。(集団や […]

脳梗塞などのリハビリを支援。「Neuro HALFIT」の体験キャンペーン 実施中!

全国のロボケアセンターで、脳卒中や脊髄損傷の後遺症から機能回復を支援する?プログラム「Neuro HALFIT」の体験キャンペーンを実施中!! 詳しくはコチラから