安永 好宏(やすながよしひろ)

CYBERDYNE株式会社取締役 営業本部長
湘南/大分/鈴鹿ロボケアセンター株式会社代表取締役
米国公認会計士/米国公認管理会計士
1974年生まれ。獨協大学経済学部経営学科卒業。タイコヘルスケアジャパンにて財務経理全般を経験後、シックスシグマを手法とした業務改善に携わり、その後内部監査担当をしてUSSOx(米国内部監査)の対応に従事する。
その後、オンセミコンダクターテクノロジーにて財務経理部長兼管理部門責任者として管理部門全体を統括する。主に管理会計を駆使してコスト削減を図る。
2008年に情熱大陸でロボットスーツHAL(ハル)をみて、老老介護の実現に貢献したくサイバーダイン社に経営管理部長として入社。当初は上場準備を担当。2010年より収益部門を強化するために第2営業部長として営業部門へ異動する(総務人事部長兼務)。営業として販売を加速するとともに、つくばでのHALFIT事業の立ち上げ経験を活かして鈴鹿および大分ロボケアセンターを立ち上げサービス事業としての展開も推進している。
2015年に、放送大学大学院修士課程を修了する。修士論文のテーマは、「HALによる重度の運動麻痺を呈する慢性期脳卒中患者における起立および立位訓練の検討」である。HAL福祉用を用いて、実証研究を行ってきた。その時の経験を鈴鹿および大分ロボケアのHAL FITで活かしている。
現在は、営業部門の責任者(本部長)としてもHALの普及活動に努めている。
2018年4月より湘南ロボケアセンター 代表取締役を兼務し、HALFIT事業を統括して、サービス事業の育成も行なっている。
2019年4月より筑波大学大学院 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻。
2019年6月より取締役 営業部門責任者 (本部長)。



CYBERDYNE株式会社

CYBERDYNE株式会社は、人・ロボット・情報系を融合複合した「サイバニクス技術」を駆使し、社会課題の解決と新産業創出を推進する未来型企業です。「テクノロジーは人や社会の役に立ってこそ意味がある」という理念のもと、世界初の装着型サイボーグHALに代表される革新的技術の研究開発から、臨床研究、製品開発、社会実装に至る全ての取り組みを一気通貫で実現しています。

ロボケアセンターグループ代表挨拶

ロボケアセンターは、CYBERDYNE株式会社(茨城県つくば市)が研究・開発・製造・販売する、装着型サイボーグHAL®を用いた機能向上を促すプログラム「NeuroHALFIT®」を中心に、地域の皆様の健康づくりにお役に立てるよう、様々なトレーニングメニューをご提供いたします。
国内随一のHAL専門トレーニング施設として、平成26年1月より事業を開始し、2019年10月現在、全国で14箇所に展開しています。これまで脊髄損傷、脳卒中後遺症、筋力低下で歩行が困難な方など、多くの方が装着型サイボーグHALのトレーニングを行っています。


ロボケアセンターグループ代表 安永好宏



脳卒中の機能改善はNeuroHALFIT

会社概要

社名 CYBERDYNE株式会社(サイバーダイン株式会社)
所在地 〒305-0818 茨城県つくば市学園南二丁目2番地1
代表者 山海嘉之
設立 平成16年6月24日
資本金等 267億78百万円 (2019年3月31日現在:日本基準単体)
WEB https://www.cyberdyne.jp