装着型サイボーグHAL®
HAL®(Hybrid Assistive Limb)は、人の意志を反映した生体電位信号に基づいて、意志に従って人と一体化して機能する世界初の装着型サイボーグです。医療分野では、脳神経、筋系疾患(※)の機能改善を促進するサイバニクス治療として活用されています。福祉分野では、身体機能の回復を促すことで自立度を向上させたり、介護者の介護作業を支援したりするなど、様々な分野で活躍しています。
※脳卒中(脳梗塞、脳出血)に代表される脳血管疾患、脊髄損傷、筋ジストロフィーやALSなど神経難病
人が筋肉を動かそうとしたとき
脳から運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わり、筋骨格系が動作しますが、その際に、微弱な生体電位信号が皮膚表面に漏れ出てきています。
HAL®は、装着者の皮膚表面に貼り付けられたセンサでこの信号を読み取り、その信号を基にパワーユニットを制御して、装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かします。 これによって動作支援が可能になります。

 
1.人が体を動かそうとすると
動作意思を反映した信号が脳から筋肉へと伝達されます。
2.HAL®が信号を読みとる
皮膚表面に漏れ出てくる微弱な生体電位信号をHAL®が検出します。
3.意思に従ってHAL®が動く
生体電位信号や運動情報に基づいて、各関節のパワーユニットを制御し、HAL®は装着者の体の一部のように動きます。
従来のリハビリとは異なり、HAL®の介在により、自力では自分の脚を動かすことができなかった患者でも、自分の運動意思と同期した機能改善、機能再生ループを筋負荷をほとんど伴わずに繰り返し回すことができます。これによって、脳・神経・筋系の機能を効果的に変化させていくことができます。
> 装着型サイボーグHAL®公式ホームページ