浦安ロボケアセンター概要
浦安ロボケアセンターは一般社団法人 日本車いすスポーツ協会と湘南ロボケアセンター株式会社が連携して事業を行う首都圏では初のフランチャイズ店として設立されたロボケアセンターです。
浦安ロボケアセンターの運営会社である湘南ロボケアセンター株式会社は、2014年1月より神奈川県藤沢市で事業を開始いたしました。これまで脊髄損傷、脳卒中後遺症、筋力低下で歩行が困難な方など、500名以上の方がロボットスーツHALのトレーニングを開始しています。また、湘南ロボケアセンターはさがみロボット産業特区のシンボル拠点としてオープンしました。遠い未来と思われていたロボット活用場面を身近に感じていただけると共に少子高齢化という大きな社会課題の中で健康寿命の延伸に取り組み、未病改善に資する技術・サービスとして注目されております。
浦安ロボケアセンターではスタッフ全員が一丸となって社会課題の解決にチャレンジし、ホスピタリティあふれる最先端テクノロジーを実社会で生かす場を創出できるよう運営を行っていきます。
社名浦安ロボケアセンター
所在地 〒279-0041 千葉県浦安市明海6-1-10
パークシティグランデ新浦安トレードポート2F
営業時間10:00~18:00 / 休日:日・祝
電話047-321-4134
faX047-321-4134
WEBhttps://robocare.jp/
HAL FIT®料金
NeuroHALFIT®
90分¥19,800/回
その他※お得な回数券も用意しております。
NeuroHALFIT®トライアル
90分¥15,000/回
その他※初回限定です
アクセス
〒279-0041 千葉県浦安市明海6-1-10
パークシティグランデ新浦安トレードポート2F
TEL:047-321-4134

スタッフ紹介

坂口 剛(さかぐち つよし)
センター長兼トレーナー
私には脊髄損傷という障害を持った息子がいます。当時私たちはアメリカでの治療リハビリを終え日本に帰国して間もない頃でしたが安永氏(現代表者)との出会いをきっかけにHALと巡り会いました。当時はまだまだ小さな子供がトレーニング出来るようなHALでは無かったのですが、あれから10年余り今では多くの方の知恵と努力、テクノロジーの進化により息子を含めた多くの方に届けられるテクノロジーとなっていると感じます。私はフットネストレーナーとして活動してきた経験と障がい者スポーツクラブの運営などの経験を活かし、ここ浦安ロボケアセンターで障害のある方やご高齢な方、何より障害のある子供達の元気を創っていきたいと思います。
坂口 明子(さかぐち あきこ)
セラピスト
主婦、OLなど様々な方の身体のメンテナンスを行ないながら、障害を持った息子との日々の関わりや体験を通して得た経験を、HALトレーニングにも活かしていきたいと考えております。障害を持つ子の母親として、セラピストとして少しでも皆様の力になれたらと思います。
川名 優子(かわな ゆうこ)
アシスタントトレーナー
タレント、アクション女優として活動しながら、ハンモックエクササイズトレーナー、フィットネストレーナーとして、更に地域の子供達にダンスとアクションを伝える活動をしてきました経験を活かして、お客様のご要望に寄り添いながら、日常生活を快適にお過ごし頂けるサポートを心がけていきたいと思います。ちなみに私は疲れが溜まると、夜寝ている時に怖い夢を見てしまい呪いの声が出てしまう癖があるのですが、皆さんはどんなサインがでますか?ぜひお話にいらして下さい。

 

 

浦安ロボケアセンターNEWS

ロボケアセンター 非常事態宣言解除後のキャンペーンについて

コロナウイルスによる外出自粛要請解除後に、多くのお客様に利用を促すキャンペーンを実施いたします。 1.ロボケアセンター でのプログラムは予約プライベート対応で実施するため感染リスクは最小限に抑えること […]