ロボケアセンター | CYBERDYNEのHAL®を用いたリハビリ、機能回復支援センター

自宅でHALコールセンター

0120−25-3189

(10:00〜19:00)

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ロボケアセンターNews
  4. 【メディア】不屈の冒険家の三浦雄一郎さん(88歳)、HALによる驚異的な回復ぶりが、産経新聞で紹介されました。

【メディア】不屈の冒険家の三浦雄一郎さん(88歳)、HALによる驚異的な回復ぶりが、産経新聞で紹介されました。

冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(88)が、6月27日に富士山5合目で東京オリンピックの聖火をつながれました。三浦さんは、昨夏に頸髄(けいずい)硬膜外血腫を発症してほぼ寝たきり状態となましたが、HALによる驚異的な回復の結果、富士山5合目で右手に聖火を持って見事にリレーをつながれました。

(記事抜粋)
最先端のロボットスーツを使ったリハビリを取り入れるなど、最善の方法を常に模索した。ほぼ毎日休まずリハビリに励み、立ち上がれるようになったのは半年後。「高齢でもあり、主治医には『リハビリの効果が出るかは何とも言えない』と言われた」と恵美里さんは明かす。しかし、三浦さん自身は「もう一度、自分の足で歩く」と信じて疑わなかった。
8カ月たってようやく、短い距離を自力歩行できるようになり、今年2月末に退院。自宅に戻ると、ジムにも通ってリハビリを重ねた。聖火リレーで手にするのと同じ長さ71センチ、重さ1・2キロの練習用トーチを作り、豪太さんとリレーの練習も。驚異的な回復ぶりに執刀医は「奇跡という言葉は使いたくないが、奇跡的だ」と漏らしたという。

産経新聞(6月27日掲載)「不屈の88歳、三浦雄一郎さん 富士山5合目で聖火運ぶ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/57205b02e5be54251f3e7c4adec51a2a1929c42c

関連記事

Receive the latest news

イベントやお得情報をメルマガ配信中!

特別キャンペーンやイベントの情報をメールで不定期に配信しております。登録は無料ですので、ぜひご登録のほど、よろしくお願い致します。