ロボケアセンター | CYBERDYNEのHAL®を用いたリハビリ、機能回復支援センター

自宅でHALコールセンター

0120−25-3189

(10:00〜19:00)

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ロボケアブログ
  4. 脳性麻痺の女性。HAL®️で姿勢が良くなった

脳性麻痺の女性。HAL®️で姿勢が良くなった

HAL®️を装着すると、姿勢を意識します。専門スタッフの私たちが客観的に見ても背筋を伸ばそうとしているのがわかります。体幹が弱いと歩行時に姿勢が崩れ、脚が上がりにくく、前に進みづらいです。
H様は「体幹がついて立ち座りも楽になり、歩行の時間も伸びてきました」と話してくださいました。

【初回カウンセリング資料より】

H様は生まれつきの脳性麻痺により、下肢に障害があります。
脳性麻痺のため、小さい頃からリハビリを行いますが、歩行練習等のリハビリから、徐々にマッサージに移行し、身体が固まらないようにケアをするようになりました。
さらに2018年には腰椎すべり症を発症。
現在は、週に1度マッサージに通所しているそうです。
現状と生涯付き合っていくものだと思っていましたが、YouTubeで「寺田家TV」を観た時に、同じ脳性麻痺の寺田さんがHAL®️を装着し、歩行が上手になっている姿、我が子を抱っこして立ち上がる姿を観て感動したそうです。
「子どもを抱っこして立ち上がるなんてできると思ってなかった」と仰っていました。
その動画を観て「やってみよう」と思い、名古屋ロボケアセンター に通い始めました。
普段はシルバーカーを使用して歩行をしています。
体幹が弱く、座位から立位を行う際に、腰が引け膝の伸展、ロックした後に骨盤を前に突き出す感じで立位をとります。
歩行時も身体が前屈み(斜め)になり、手の力で脚を出しているイメージのため、脚が前に出にくいです。
HAL®️を利用しての本人のご希望は、
シルバーカーからまずは杖での歩行ができるように。
最終的には何も使用せず、歩行をする。
ということを初回でお話ししてくださいました。

【2020年8月 Neuro HALFIT®️プログラム開始】

初回プログラム、まずは手すりを利用し、自力での立ち座りで現状を確認。
手で勢いをつけ、バランスを取り、腰が引けていました。
HAL®️腰タイプ(以下、腰タイプ)を装着し、前後傾、前後屈を行いました。
腰タイプに慣れてきたので、立ち座りを行うと、スッと立ち上がれました。
癖で手が少しついてきますが、概ね使いこなせていました。
続いて歩行です。
ハーネスをつけ転倒防止をした上で、自立での歩行をしていただくと、脚が上がらず、つま先を擦って歩いているイメージでした。
HAL®️自立支援用下肢タイプ(以下、下肢タイプ)を装着し、生体電位信号に基づいてアシストをするサイバニック随意制御(CVC)モードにて歩行プログラムを実施しました。
H様から「軽く脚が上がって、楽です」とコメントをいただきました。
実際、脚が上がり、擦ることもほとんどありませんでした。
HAL®️を外した後も脚が上がり、歩幅が広がっていました。

【複数回来所後】

H様の流れは、腰タイプを使用し、立ち座りの練習および体幹機能の向上を目的としたプログラムを行なった後に、下肢タイプで歩行の練習をしました。
腰タイプについては、なかなか癖が抜けず、勢いで立とうとしたり、背中が丸くなってしまったり、焦って動作が雑になってしまう等ありましたが回数をこなしていくにつれて、綺麗でスムーズな立位、立ち座りに変化してきました。
下肢タイプは、HAL®︎のアシストにより、軽く動かせてはいましたが、体重移動や力み過ぎないといった課題がありました。こちらも回数を行なったことにより、支持脚に体重を乗せると楽に歩けることに気づき、体重移動を意識して歩行を行い、さらに楽に歩けるようになっていきました。
ロボケアセンターでの変化を実感していただいたことで、H様の気持ちにも変化が出てきました。
普段シルバーカーを使用していましたが、杖での歩行をご自宅で練習されるようになったのです。(夏の時期は、熱中症等が怖いので中断していたそうです。)
距離も時間もまだ少しですが、杖で歩く練習をしたとH様から報告を受け、身体も気持ちも確実にステップアップしていると思いました。

【現在と今後】

現在もH様は定期的にご来所いただき、腰タイプ、下肢タイプを使用しています。
腰タイプ使用の際は、以前よりレベルアップをし、スクワット動作も取り入れ体幹、下肢の強化をしています。
下肢タイプは、最初は力みが強く3分程度で疲労していましたが、力みが抜け体重移動がしっかりできるようになった為、10分歩いても疲れにくくなってきました。
今後に関して、まだ膝が伸びにくいので(関節が固まってしまっているのもありますが)膝の伸展強化、あとはやはり杖歩行へのステップアップを徐々にできればと思っています。

【名古屋ロボケアセンターのスタッフより】

名古屋ではお子様からご高齢の方まで様々な年代の脳性麻痺の方にプログラムを実施しております。それぞれ症状、状態は違いますが皆様が前向きに少しでもよくなるようにとご来所いただいています。今回例としてあげさせていただいたH様は身体も気持ちも変化しているのがわかります。(もちろん他の方も変化しています。)どんな症状でもできる限りのことをさせていただきますので、一緒に楽しく取り組んでいきましょう!皆様のご来所をお待ちいたしております。

まずはお気軽にお問い合わせください

ロボケアセンターでは、初回体験キャンペーンなど様々な特典もご用意しています。ご興味を持っていただいた患者さんやリハビリの介護をされているご家族は、遠慮なく下記の問い合わせフォームからお問い合わせください。専門スタッフが状況をお聞かせいただき、最適なプランや拠点をご案内致します。

    必須お名前

    必須フリガナ (※上のお名前を記入すると自動で入力されます)

    必須メールアドレス

    必須お住まいの国
    日本国内海外

    必須郵便番号(ハイフンなし)

    都道府県(入力不要)

    必須電話番号(半角で入力ください)

    必須お問い合わせ内容

    必須このページを何で知りましたか?(複数選択可)
    検索サイトテレビYoutubeメールマガジン展示会などイベント雑誌知人からその他





    関連記事

    Receive the latest news

    イベントやお得情報をメルマガ配信中!

    特別キャンペーンやイベントの情報をメールで不定期に配信しております。登録は無料ですので、ぜひご登録のほど、よろしくお願い致します。