ドジャース前田健太投手✕CYBERDYNE

ドジャース前田健太投手✕CYBERDYNE

Category : news

サイバーダイン社(茨城県つくば市)のマシン「HAL」を使った「NeuroHALプラス」プログラムでは、神経信号伝達の速度、正確性を高める訓練も行った。腰の周りに器具をつけてスクワットなどを実施。お尻から筋肉への信号をマシンが感知し、動きをアシストする。関係ない部分に力が入るとマシンがうまく作動しない。また生身の人間と違い、神経信号を受けてからマシンがタイムラグなく反応。その速さに脳が慣れると、器具を外しても同様の速い動きができるという。前田は「どんどん新しいことにチャレンジしたい。こういうものを取り入れるのは僕たちにとって絶対プラス」と笑顔を見せた。

前田健太「打ったら怒る」レッズ秋山との対戦楽しみ