サイボーグ型ロボット「HAL®」を活用したトレーニングで、地域と社会に貢献していく

サイボーグ型ロボット「HAL®」を活用したトレーニングで、地域と社会に貢献していく

Category : news

自分の力で歩きたい。その思いを実現するために、国内外で活用されている最先端の新技術がある。それが、世界初のサイボーグ型ロボット「HAL®」(Hybrid Assistive Limb®)だ。筑波大学教授の山海嘉之教授の研究によって生まれた新たな学術分野「サイバニクス」の成果であり、社会に貢献するために同氏が設立したCYBERDYNE社が手掛けている。体に直接装着し、装着者の意思に従った動作を実現する「HAL®」は、病院での治療にとどまらず、体幹などの身体機能のトレーニングでも活用されるようになっているという。今回は、障がい者や高齢者に向けたトレーニング・プログラム「HAL FIT®」を提供している大分ロボケアセンターにお話を伺った。大分県や別府市と連携しながら、健康増進や、人の幸せ、さらには地域活性にまで貢献していくその取り組みと、目指す未来を紹介する。
(HELPMAN JAPAN)
https://helpmanjapan.com/article/8400