歩行訓練ロボット導入 県立こども病院

歩行訓練ロボット導入 県立こども病院

Category : news

県立こども病院(安曇野市)は、神経や筋肉の難病で歩行機能が低下した小児患者を対象に、歩行を助ける装着型ロボットスーツ「HAL(ハル)医療用下肢タイプ」を導入した。歩行訓練に活用し、患者の血行改善や運動機能、歩行意欲の向上につなげる。県内でHALの導入は三施設目で、小児分野では初めて。

https://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20190919/CK2019091902000034.html